一流の男は会話や気遣いでわかるもんだとキャバ嬢は言う

銀時の一流ママをも除らせる、一流の男へのステップとは?
できる男は足先から始める、

そのノウハウ、教えて

「たとえば、セックス。終わったあとにそそくさと日常に戻り、『シャワー先に浴びる?』『腹へったから何か食べる?」などと一万うのは、二流の男。

女性というのは快感の余韻が長く続く生物。
その余韻をともに楽しむことができ、なおかつ、激しかった行為の去りがたい余韻を彼から感じることができれば、それは大人の恋愛、一流の男といえるでしょう」

一流の対処とは?
「『浮気してないか?」「ほかの男とヤッただろう?』なんてい、自分勝手な愛の押し売りをされると、100%は逃げます。
やはり一流の男たるもの、ある程度のコトを流せる器をもってないと。
もし私が同じ質問をされたら、『男なんてほかにいないわ』なんて答えません。
だって下らない質問には答える必要ありませんから。

その前に聞くでしょう。
「こんなに、アナタを思っているのにどうして?」って。
もし同じセリフを言われた経験がある方は、まだまだ男として磨く必要があるんじゃないかしら?

それと、本物の愛情を手に入れたいなら、相手の関心を無理矢理引こうとするのではなく、それとなく一緒にいたいと思わせることが大切。

マシンガンのように歯の浮いたお世辞を並べ立てて口説いてくる人がいますが、そんなの一切必要なし。
大切なのは母性の欲望をかきたてて、『あなたと一緒にいたい』と感じさせること。
いかにその欲望をかき立てる会話ができるかが重要なんですよ」
最後に、生き様で口説く男こそができる男だとママは言う。
「ある方がこう仰ったんです。

『神様だって、ひとりの人間を天国に行かせるか地獄に行かせるかは、そいつの一生分の時間をかけて考えあぐねているんだから、俺だって簡単には物事を諦めないよ』と。
これは直接には口説かれたわけではないけれど、非常に心に残っています。
口説き上手の究極は、白分の生き様で口説ける人なんです」
百戦錬磨の男が集う、銀座「。そこに通うことが許される一流の男を目指すべく、自分を磨くべし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です