男が書く恋愛指南本と女が書く恋愛指南本って違うよね

世に口説きのマニュアル本は数あれと、その著者の多くは男性である。
口説きたいのは? そう、女性である。
ではなぜ、男性の書いたマニュアルを読むのか?
それは男性とは整合性の生き物であり、よりロジカルに書かれた男のナンパ本を信じてしまうのである。
たとえ、それでヤレなくても。
対して、女性とは生理と感情の生き物である。女性自身が、女性の本当の気持ちを素直に書くと、男性は理解不能になり、パニックになってしまうのだ。
生身の女を口説きたいのに。
男たちに恋愛の指南を続けているコラムニストである。


つまり、こちらが理解不能な女性の生理を、ロジカルに語るブロである。
取柄などを通して知り合った多くの恋愛若手体質の男たちについて、こう語った。
「仕事はハリバリこなしてデキる系の人なのに、女性を相手にすると全然コミュニケーションが取れないっていう人がすごい多いんです。また、そういった人の恋の相談に対してアドバイスすると『この口説き方じゃタメだったんですか?女性はそんなふうに思っていたんですか?Jって。女の本音がわかれば、もう恋は半分成功したも同然」

モテる男とは? やさしい男が好きと女はいう。そのやさしさって? たった3文字で一線を越える言葉とは? 数々の謎も、女性の視点を通した今、全てが明らかに!

「今でも忘れられないイヤなヤツがいるんです。
その人は某シンクタンクにいて“オレは森寝万象のすべてを知っている”っていう超知ったかぶり野郎なんですよ。
もともとバーで知り合ったんですけど、その人いつも奥さんと来てるんです。
しかしなんと奥さん、常連客とは全員寝ているっていう。
ある意味スコイ話なんですけどね。
知らないのは旦那であるその人だけ。
森羅万象は知っていても、妻の操までは知らなかったんでしょう。

仕車はバリバリこなすのに、恋愛はサッパリ。… という人がいるんです。
女のコとドライブして映画に行ったんですけど、駐車スペースが見つからず、女のコに先に降りてチケット買ってきて! と命令し、
彼女はドン引き
食事中『ご両親、兄弟は何人。とまるで事情聴取。
あげくの果てには『ポク、父親との確執があっていまだに父を越えられないんですリと突然のトラウマトーク
当然、2回目のデートは断られたみたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です